三田松聖高等学校

授業:2年生音楽 「器楽アンサンブル」発表会を行いました
カテゴリ:行事


2年生「器楽アンサンブル」発表会


『ふるさと〜マリーゴールド〜』ハンドベルで


楽器経験者で『Paradise has No Boder』


ピアノ初心者『大不正解』大成功!


ガールズバンドが奏でる『クリスマスソング』


お琴が好きで『島唄』を選曲


ボーカル大活躍『空も飛べるはず』


『G線上のアリア』先生との息もぴったり


どのチームもすばらしい!

 

令和2年2月14日(金)、2年生が音楽の最終授業で「器楽アンサンブル」の発表会を行いました。

 

2学期の合唱コンクール(伴奏付または無伴奏)では、クラス全体で合唱に取り組みましたが、今回の「器楽アンサンブル」では、チームに分かれ、一人一人がより主体的・積極的な音楽活動に参加することを目的としています。

 

先生から、「皆さん、これまで練習してきた成果を発揮して、最後の音楽の授業を楽しんでください。失敗しても、何か心に残る発表となることを願っています。」という挨拶があり、その後、クラス委員長がプログラムを進行をしていきました。

 

生徒達は、様々な楽器(ピアノ・アコースティックギター・エレキギター・ベースギター・琴・ハンドベル・ドラム・シロフォン・グロッケン・フルート・クラリネット・トランペット・サックス・ユーフォニウム・チューバなど)を用いて、それぞれ個性あふれるパフォーマンスを披露しました。

 

 

参加した生徒の感想です:

 

音楽の授業はいつも楽しいですが、今回は特に、チームで一つのテーマについて話し合って練習していく過程が面白かったです。やるからには悔いのない発表にしたいので、放課後も勉強よりこっち優先で練習をしてきました。やっとクラスのみんなの前で発表でき、とても達成感がありました。今日の貴重な体験をもとに、これから受験勉強も頑張っていきたいです。 

 


次へ
戻る
一覧へ
TOPに戻る