• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  部活動

 
玄関を入ってすぐに華道部の作品、2階に書道部の作品をそれぞれ展示。
玄関を入ってすぐに華道部の作品、2階に書道部の作品をそれぞれ展示。
 茶道部の年間活動です。
 茶道部の年間活動です。
華道部3年生荒河さんの作品。「晴れやかなお茶会をイメージして、私自身が楽しみながら生けました。」
華道部3年生荒河さんの作品。「晴れやかなお茶会をイメージして、私自身が楽しみながら生けました。」
 1年生中西さんの作品です。
 1年生中西さんの作品です。
 1年生中野さんの作品です。
 1年生中野さんの作品です。
 書道部の作品です。
 書道部の作品です。
 
 

 

10月27日(日)に開催いたしました湊川相野学園創立100周年記念『相野の里 菊水茶会』における活動風景は、HP「部活動ニュース」をご覧ください。

 

 http://www.sandashosei.net/club/detail.php?id=79

 
掛け物:「瑞色満高堂」
百周年記念として学園から裏千家16代家元坐忘斎に依頼して書いていただきました。
掛け物:「瑞色満高堂」
百周年記念として学園から裏千家16代家元坐忘斎に依頼して書いていただきました。
 
香合:「菊の絵」裏千家14代家元淡々斎による自画。
香合:「菊の絵」裏千家14代家元淡々斎による自画。
花:ススキ、ワレモコウ、秋のキリンソウ、清澄白山菊、ホトトギス、藤袴、コエビソウ、リンドウ、秋海棠の9種。 
花:ススキ、ワレモコウ、秋のキリンソウ、清澄白山菊、ホトトギス、藤袴、コエビソウ、リンドウ、秋海棠の9種。 
「比翼立て」のお点前を行いました。水指:三田青磁。
「比翼立て」のお点前を行いました。水指:三田青磁。
お菓子:「百歳(ももとせ)の松」。三田「きねや菓舗」さんに作っていただきました。
お菓子:「百歳(ももとせ)の松」。三田「きねや菓舗」さんに作っていただきました。
数茶碗:色絵は「菊水」。抹茶:上林詰め「万代昔」。
数茶碗:色絵は「菊水」。抹茶:上林詰め「万代昔」。
菊桐大棗(なつめ):塗りは飯田光秋。
茶杓:銘「若緑」15代家元鵬雲斎1年目の作で裏に刀傷が付いています。赤楽茶碗:銘「笑顔」淡々斎。
菊桐大棗(なつめ):塗りは飯田光秋。
茶杓:銘「若緑」15代家元鵬雲斎1年目の作で裏に刀傷が付いています。赤楽茶碗:銘「笑顔」淡々斎。

 

10月27日(日)に開催いたしました湊川相野学園100周年記念『相野の里 菊水茶会』における活動風景は、HP「部活動ニュース」をご覧ください。

 

 http://www.sandashosei.net/club/detail.php?id=79

 

 

 

茶道部「令和茶会」を開きました 【部活動】 2019-06-25 20:00 UP!

 お花を入れておもてなし
 お花を入れておもてなし
 本日のお花が完成!
 本日のお花が完成!
 部員手作りの小帛紗(こぶくさ)
 部員手作りの小帛紗(こぶくさ)
 銘を入れた手作り茶杓(ちゃしゃく)
 銘を入れた手作り茶杓(ちゃしゃく)
 お客様をお迎えします
 お客様をお迎えします
 お菓子は開進堂「令和」
 お菓子は開進堂「令和」
 お客様にごあいさつ
 お客様にごあいさつ
 卒業生も集合しました
 卒業生も集合しました

 

6月15日(土)松聖祭2日目、本校菊水清舎にて茶道部が「令和茶会」を開催しました。

今回の茶会では、1年:水屋とお運び、2年:初の亭主、3年:半東、全体の責任者としてそれぞれ役割を担いました。また、新元号の由来となる『万葉集』から引用した挨拶もあり、貴重な経験となりました。

お越しいただきました皆様に、心より感謝申し上げます。

 

 副部長・車井さん(3年)のコメントです。

 

このたびのお茶会は、僕たち3年生にとっては最後に開催するお茶会、1年生は初めての公式茶会、2年生は初めてのお点前と、いつも以上に緊張した一日でした。

 

僕は半東を務めました。半東の言葉は3年全体で考えて、先生に見てもらってから、次はひたすら覚えます。お茶会は通し稽古するまでがとても苦労しますが、お客様に喜んでいただけるとやり甲斐を感じます。

水屋(裏方)での段取りが臨機応変にできなかった所もありましたが、大勢のお客様の前で、今自分たちができる限りの“おもてなし”ができたのではないかと思います。

 

僕は茶道部の活動を通して、礼儀作法と人との心地よい距離感を学びました。また感謝すること、されることの素晴らしさを体験することができたと思います。

 

次回は8月2日・8月20日の学校見学会で、「浴衣茶会」を開催する予定です。中学生の皆さん、ぜひ体験してみてください。部員一同お待ちしています。

 

 

 

水泳部、近畿大会に出場!大会新記録も! 【部活動】 2019-06-25 18:56 UP!

 左から小縣,岩永,岡田,三原さん
 左から小縣,岩永,岡田,三原さん
 岡田さん大会新で第1位!
 岡田さん大会新で第1位!
 女子総合6位入賞!
 女子総合6位入賞!
 自己ベスト更新!松葉さん
 自己ベスト更新!松葉さん
 近畿大会へ!
 近畿大会へ!

 

6月21日~23日に、神戸ポートアイランドスポーツセンターにおいて「第63回兵庫県高等学校総合体育大会兼第72回兵庫県高等学校選手権水泳競技大会」が行われました。

 

結果は以下の通りです。

 

男子

 

松葉(3年)

50m自由形 第4位 24秒36 

100m 〃  第4位 53秒23 

 

松葉・赤井・常岡・足立(3年)

400mリレー 第8位 3分44秒30 

 

女子

 

岡田(3年)

100m平泳ぎ 第1位 1分10秒88※大会新記録(自身の記録を更新)

200m 〃  第2位 2分32秒22

 

三原(1年)

100mバタフライ 第5位 1分03秒86

200m  〃   第3位 2分18秒57

 

岩永(2年)

100mバタフライ 第8位 1分04秒83

400m個人メドレー 第6位 5分06秒59

 

岩永・三原・小縣(1年)・岡田

400mリレー 第7位 4分08秒43

 

三原・小縣・岡田・岩永

800mリレー 第4位 8分51秒62

 

三原・岡田・岩永・小縣

400mメドレーリレー 第3位 4分23秒12

 

以上の選手が、近畿大会出場権を獲得しました。

 

また、女子総合第6位で入賞を果たしました。

 

 

岡田さんにインタビューしました。(6/27追記)

 

Q:今大会の目標について

 

今回は、意識的な調整をしない状態でどこまで泳げるか、ということを目標にしていました。持久的な面も上がってきているので、日々の練習の成果が出たと思います。200mでは自己ベストを更新できたのですが、100mでは、あともうちょっとという所で自己ベストは切れなかったので、次回に向けて頑張りたいです。

 

Q:女子総合6位入賞について

 

正直言って、最高のメンバーでした!

たった4人しかいない中、個人でフル出場して、その上リレーに出るのは本当に大変なんですけど、それを乗り切れたのはこのチームのおかげです。

 

 Q:近畿大会の目標について

 

メドレーリレーはすでにインターハイ標準記録を切っているのですが、近畿大会でも切って次につなげるようにしたいです。個人では、強い選手たちに負けないようベストを尽くしたいです。

 

 以上です。

 

近畿大会は、7月22日~24日に同会場にて開催されます。

 皆さん、引き続き応援よろしくお願いします。

 

 

      

 

 

  

 

 

 学生会館(1F学食)を横切ると
 学生会館(1F学食)を横切ると
 湊川短期大学のラーニングコモンズ
 湊川短期大学のラーニングコモンズ
 どんどん自分が見えてくる
 どんどん自分が見えてくる
 第4回は短大206教室
 第4回は短大206教室
 ひたすら考えるメンバー
 ひたすら考えるメンバー
 マインドマップは奥が深い
 マインドマップは奥が深い

 

インターアクトクラブが、第3回(5/28)、第4回(6/20)「マインドマップ」講座を受講しました。

この講座は、湊川短期大学の馬込武志教授にご指導いただき、今年で3年目の活動になります。

 

第3回は3年生のメンバー対象で、「自己PR」について。先生の様々な問いかけに答えていき、自分のライフストーリーを振り返りました。そして、自己を客観的に見つめ、新たな自分を発見する「驚き」の連続。

 

第4回はメンバー全員参加で、「松聖祭を振り返って」について。

「松聖祭でみんなは何をしましたか?」「どんな役割を果たしましたか?」「楽しかったことは何ですか?」などの質問にそれぞれ思い浮かべた単語を発表していき、マップが進んでいきました。

それぞれの単語から共通するものを全員で考え、今回の活動と自分自身とのつながりを認識しました。

最後に、「人のために頑張るには、自分のことも大切にしなければいけないんだよ。」というお話を伺い、メンバー一同、気持ちを新たにしました。

 

受講後の感想をご紹介します。

 

 部長・大西さん(3年):

「アイデンティティーが大切」と言われても、正直言うと、自分の良いところなどは全くわかりませんし、何がしたいのか、何ができるのかなどもわからず、自分がそれを確立できているのか自信がありません。ですが、人とのかかわりの中で自分の存在価値を見つけるという話を聞いて、自分の体験を思い出しました。

先日、進路であれこれ迷って友達に相談してみると、「君なら大丈夫だよ。」という思ってもみない言葉を返してもらい、とても勇気が出たという体験です。自分の気持ちを打ち明けると心がラクになるんだな、と感じました。今、その言葉に支えられて必死で頑張っています。 

 

副部長・谷口さん(3年):

 私は講座を受講するようになって、“ある変化”に気づきました。それは、これまでは一つの選択肢しか考えられなかったけれど、マップをすることで多様な目標を見つけることができたことです。

以前なら、ただの苦痛でしかなかったものが、“楽しい”や“満足感”を得られるようになり、確実に自分の中で充実感ある生活になりました。あぁ、これが生きるという事かとそんな風にも思いました。私は自分の知らないうちに「自己の確立」を少しずつしていたのかもしれません。

 

其田さん(2年):

今回の講座では、人によって色々な考えがあるという多様性を学びました。「仲間」「協力」などは、松聖祭の活動から誰もが連想できましたが、他の人から自分が思いつかないワードが出ると興味深く感じました。普段友達としゃべってはいても、そんなに真剣な内容ではないので、このように数人で意見を出し合い、気付けない考え方を知るという体験ができてよかったです。

 

 

 

6月1日~9日に行われた「第63回兵庫県高等学校総合体育大会」における、女子バレーボール部の結果をお知らせします。

 

2回戦より出場

 

2回戦 本校 2ー0 神戸甲北

 

3回戦 本校 2ー0 県立芦屋

 

4回戦 本校 2ー0 西脇工業

 

5回戦 本校 0ー2 神戸野田

 

結果、5回戦敗退(ベスト16)

 

近畿大会 出場

 

 

部長・藤原さんのコメント:

 

女子バレーボール部の県総体結果を報告します。

1,2日に行われた2、3、4回戦は順調に勝ち上がって県ベスト16となり、近畿大会出場を決めました。

 

8日には、県ベスト8をかけて神戸野田高校と試合をしました。この大会では、ベスト8に勝ち上がることが目標でした。冬の新人戦でも同校との試合に負けて逃しているため、今回は「絶対に勝つ」という強い思いで望みました。

 

チーム全員が一丸となって、目標達成に向けてボールに必死に食らいつきましたが、相手の迫力あるスパイクや、鋭いサーブにレシーブを崩され、最後は自分たちのプレーを出し切れずに敗れてしまいました。5年ぶりの近畿大会出場を決めることはできましたが、目標を達成できず、結果には満足していません。

 

7月に行われる近畿大会では、どんなチームと対戦しても、「このチームと試合ができて良かった。」と思ってもらえるように、松聖バレー部らしく、バレーボールを楽しみ、自分たちのプレーを出し切って、一つでも多く勝ち上がれるように頑張ります。

 皆さん、応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月11日~6月9日に行われた、「第63回兵庫県高等学校総合体育大会」における女子バスケットボール部の結果をお知らせします。

 

4回戦から出場

 

4回戦 本校  130ー23  北摂三田

 

5回戦 本校  105ー36  西宮東

 

準々決勝  本校  67ー59  鳴尾

 

決勝リーグ

 

本校   68ー57 須磨学園

 

本校   90ー76 神戸龍谷

 

本校   55ー68 市尼崎

 

以上の結果、第2位となり、

 

近畿大会出場(2年連続2回目)が決定しました。

     

優秀選手賞 黒川 莉那(3年)

 

皆さま、ご声援ありがとうございました。

 

なお、近畿大会は、6月21日~23日に、丸善インテックアリーナ大阪にて行われます。

引き続き、応援よろしくお願いします。

 

 

写真部第1回「技術講習会」の報告 【部活動】 2019-06-06 18:37 UP!

『露出補正』についての講義の様子
『露出補正』についての講義の様子
実際に撮影した生徒の写真
実際に撮影した生徒の写真
他校生徒の写真を見て一番良いと思った写真に投票します。
他校生徒の写真を見て一番良いと思った写真に投票します。
講評の様子
講評の様子

 

61()、大阪市東住吉区にある日本写真映像専門学校で「第1回技術講習会」(兵庫県高等学校文化連盟主催)が行われ、兵庫県の公私高等学校が集まる中、本校の写真部員も参加しました。

 

午前は専門学校の先生による講習を受け、『露出補正』という機能やカメラアングルを主に学びました。座学で得たその知識を活かし、長居公園にて撮影をしました。

 

午後は先生より全体に向けて合評、作品制作についての講義がありました。それから、撮影した写真の中から選んだ1枚をそれぞれ2L版にプリントしてもらい、机上に並べられたその作品を見ながらどの写真が一番良いか1人1票を投じました。

投票で上位になった作品は前に掲示され、投票者はその理由、撮影者はどのような意図で撮影したのか等を発表し、先生からも講評をいただきました。

 

参加した部員のコメント:

「一眼レフの基礎を一から教えていただき、未知の知識を習得することができました。また、他校の生徒が撮影した、自分では思いもつかない写真の撮り方を見て、感心しきりでした。」

写真部第1回「撮影会」を行いました。 【部活動】 2019-06-06 18:27 UP!

真剣に撮っています!
真剣に撮っています!
写真部1~3年生
写真部1~3年生
レフ板(銀)を使っている様子
レフ板(銀)を使っている様子
バラ園に入ると、
バラ園に入ると、
まさしくバラ!というものから…
まさしくバラ!というものから…
白いバラも見られました。
白いバラも見られました。

 

5月26日(日)、万博記念公園(大阪府吹田市)にて、写真部が第1回「撮影会」を行いました。

撮影会では、校外の被写体や背景を撮りに行くことや、他の生徒が撮影している姿勢を見て勉強し撮影意欲を高めること、コンテストで入賞する作品作りを目的としています。

 

今回の目標は、「ポートレート撮影時に用いるレフ板の使い方を実践・マスターすること」と「見頃のバラを工夫して撮ること」です。 

 

部員のコメント:

・ 背景が映えていたので、角度によって写真の雰囲気が変わるのが楽しかった。

・ 今までに花をほとんど撮ったことはなかったが、色とりどりのバラが咲いていて美しいあまり夢中で写真を撮っていた。

・ 花以外の被写体が写りこまないように工夫しました。

 

第2回目は秋ごろに実施予定です。

6月1日、本学園記念プールにて「丹有地区高等学校選手権水泳競技大会」が行われ、1年生の小縣愛華(おがたまなか)さんが3種目に出場し、すべて大会新記録で第1位に輝きました。

 

女子200m自由形 2分16秒28

 

女子100m背泳ぎ 1分  9秒95

 

女子200m背泳ぎ 2分34秒31

 

皆さん、 ご声援ありがとうございました。