• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  行事

1月10日は「校祖忌」 【行事】 2021-01-08 16:55 UP!

 

 

1月10日の「校祖忌」に先立ち、本日(1月8日)学園関係者で法要を行いました。

 

校祖 幸田たま の生涯につきましては、

〈湊川相野学園ホームページ〉からご覧いただけます。

 

▷開学の精神

 http://www.minatogawa-aino.net/university/

 

 

▷学園のあゆみ

 http://www.minatogawa-aino.net/history/history.html

 

 

 

映像を視聴しながら、テーマについて考えていきます。
映像を視聴しながら、テーマについて考えていきます。
ワークシートに意見をまとめ、グループで共有します。
ワークシートに意見をまとめ、グループで共有します。
代表者の発言に対して先生が助言をし、クラスみんなで深めていきます。
代表者の発言に対して先生が助言をし、クラスみんなで深めていきます。

12月18日(金)、全学年対象に人権HR活動を行いました。

 

本年度のテーマは「新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見について」。

 

感染対策を取りながらの活動で、本来の活発なグループディスカッションが行えないこともありましたが、映像や新聞記事などの資料を用いながら学習し、今後、どのように自分が取り組むべきか考えていきました。

 

📷:2年2組(進学アスリートコースⅡ)の活動風景です。

 
 
 

12月17日(木)、湊川短期大学401号室にて、1年生特進コースが「クエストエデュケーション」の発表会を行いました。

 

本校は昨年度から、「自己発見プログラム」の一環として、クエスト企業探究コース[コーポレートアクセス]部門に参加しています。

昨年度は、参加した3チームのうち1チームが全国大会に出場する栄誉を獲得しました。

 

このプログラムは、実在する企業への疑似インタビュー体験を通して、働くことの意義や経済の仕組みについての理解を深めていくもので、後半では、企業から与えられたミッションに対する解決策をチームで考え、プレゼンテーションします。

 

今年度は次のチームが「クエストカップ全国大会2021」にエントリーしました。

 

 

◆メニコン

 

ミッション:世の中に「みるよろこび」が溢れ出すワクワクの新事業を提案せよ。

 

チーム名:メニコン初心者

 

 

◆三菱地所

 

ミッション:子々孫々につなぎたい、「想いと力が湧き上がる」まちづくりを提案せよ!

 

チーム名:三聖地所

 

作品名:「自らがつなぐ新しいまち」~A New City To Connect With~

 

 

◆カルビー

 

ミッション:「すべての命がワクワクする」色の未来を描いたカルビーの企業CMを提案せよ!

 

チーム名:carbohydrate

 

作品名:「食の未来」

 

 

◆富士通

 

ミッション:一人ひとりの「持ち味が響き合う」社会を創り出す富士通のデジタルサービスを提案せよ!

 

チーム名:三田富士通松聖寮

 

作品名:「F.T.music」

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

12月16日(水)、多目的ホールにおいて、2年生キャリア進学コースによる「“自己発見プログラム”学びのプレゼン~チームで力を合わせて思いを伝えよう~」が行われました。

 

本校では、昨年度から独自のキャリア教育システム「自己発見プログラム」を導入しています。発表に向けてキャリア探究(週2)で受講した半期の学びを振り返り、グループごとに職業研究を深めました。

 

当日は、PCスキル講座(週1)で作成したパワーポイントを使って、それぞれ10分間のプレゼンテーションを行いました。

以下は、発表した18組の各分野における研究テーマです。

 

◆ 衛生

A1:簡単にあなたも美肌に 

A2:栄養って何?

A3:美容について

A4:エステ~美と健康について~

A5:和菓子の魅力と伝統 

A6:なぜ肌が荒れるのか

A7:食べ過ぎ注意!超加工食品!

 

◆医療

B1:救急救命士 グループ名LIFE

B2:救急救命士の主な仕事内容

B3:救急救命士

B4:白衣の戦士

 

◆工業

C1:車の多様性

C2:コンピュータについて

C3:ゲームクリエーターについて

C4:AI未来の世の中

 

◆農業・バイオ

D1:ノミとダニ

D2:どうぶつぶつぶつわんにゃん

D3:造園について

 

入賞した上位3組

 

👑最優秀賞

「簡単にあなたも美肌に」

(牛嶋、東、本庄、石田)

 

✨優秀賞

「和菓子の魅力と伝統」

(宇野、大岩、幸内、宮本)

 

「エステ~美と健康について~」

(青木、瀧瀬、檀上、東浦、前川)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湊川短期大学401号室にて
湊川短期大学401号室にて
 
 
 

12月10日(木)5・6限目、湊川短期大学401号室にて、2年生〈大学進学コース〉対象に、第20回「自己発見プログラム」が行われました。

 

今回は「志望理由書」について、株式会社マイナビ進路情報事業部・森田えり様を講師としてお迎えし、志望理由書とは何か、伝わる文章を書くコツなどをお話いただいたあと、ワーク集を用いて自己分析を深めていきました。

 

今後は書き方講座の受講(志望理由書・小論文)、作成、グループ添削を行い、“自分だけの志望理由書”の完成を目指します。

 
 
 
 
 

11月5日(木)⑤⑥限目、各教室・会場にて、第14回「自己発見プログラム」~分野別ガイダンス~が行われ、下記の4分野から1つ選択し、45分2コマの講座を受講しました。

 

▷栄養

 

「意外と知らない食品表示」

 

川崎医療福祉大学

 

 

▷義肢装具士・鍼灸

 

「自分の座圧を見てみよう!」

「刺鍼を体験してみよう!」

 

神戸医療福祉専門学校

 

 

▷土木建築

 

「間取りのプランと住宅設計」

 

修成建設専門学校

 

 

▷バイオ

 

「バイオの歴史・技術と仕事」

 

日本分析化学専門学校

 

以上で〈前期〉の講義は終了しました。

 

このプログラムを通じて興味・関心のある分野を受講し、さまざまな知見を広げてきました。現在は、12月に行う「分野別研究プレゼンテーション」に向けて、チームで発表の準備を進めています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

10月29日(木)⑤⑥限目、各教室・会場にて、第13回「自己発見プログラム」~分野別ガイダンス~が行われ、下記の4分野から1つ選択し、45分2コマの講座を受講しました。

 

▷調理/製菓・製パン

 

「料理・お菓子の世界を体験しよう!」

 

京都調理師専門学校

京都製菓製パン技術専門学校

 

 

▷救急救命

 

「心肺蘇生」

 

大原学園

 

 

▷工学

 

①機械工学につながるプログラミングの基礎的なゲーム

②地球工学をメインに工学全般

 

 

▷造園

 

「庭園パースの彩色」

 

修成建設専門学校

1年「職業別ガイダンス」を行いました 【行事】 2020-10-27 13:46 UP!

 
 
 
 
 

10月20日(火)⑤⑥限、1年生全コース対象において「自己発見プログラム」~職業別ガイダンス~が行われました。

 

前回(9月 日実施)の「職業人に聞く!」では、各HR教室に8分野で活躍する講師の先生をお迎えし、15分ずつお話を伺いました。

 

今回は、4年制大学・短期大学・専門学校の皆さまに、ガイダンスを行っていただきました。生徒は全34分野の中から、自分の興味のある分野(30分×3つ)を選び、将来の進路について学びを深めました。

 

 

 
 
 
 
 
 

10月8日(木)⑤⑥限目、各教室・会場にて、第11回「自己発見プログラム」~分野別ガイダンス~が行われ、下記の4分野から1つ選択し、45分2コマの講座を受講しました。

 

 

▷エステ

 

「美肌力UP!!プロが教える極潤マッサージ」

  ミス・パリエステティック専門学校 大阪校

 

 

▷理学療法・作業療法

 

「突き指とテーピング/スポーツ競技から見た理学療法と作業療法」

 神戸医療福祉専門学校

 

 

▷自動車

 

「日常点検」

 阪神自動車航空鉄道専門学校

 

 

 ▷動物・飼育・トリマー

 

「動物業界への近道!」

 大阪動物専門学校

 
 
 

 

10月3日(土)、兵庫県立三田祥雲館高等学校において、「兵庫県高校生英語スピーチコンテスト・丹有地区大会」が行われました。

 

三田市内の各校より、スピーチ部門に9名、暗唱部門に8名が参加し、全員が日ごろの練習の成果を発揮し、レベルの高い大会となりました。

 

本校からは、中前葵海さん(2年・キャリア進学コース)が暗唱部門に参加し、マーチン・ルーサー・キングJr.牧師の演説“I have a dream”を暗唱しました。去年に続く2度目の挑戦で、上達ぶりをアピールしました。

 

中前さんのコメントです。

 

私は小学校4年生から英語を習っていて、さらにもっと表現力を鍛えたいという思いもあって参加しました。

 

昨年は、緊張しすぎて暗唱をちょっと忘れてしまった場面があり、とても悔しい思いをしました。

 

今年は、「最後までやり遂げる」ことを目標とし、落ち着いてゆっくりと発表するよう心がけました。やはり緊張はしましたが、最後まで自分が思ったとおりに発表でき、とても嬉しかったです。

 

大会に出場して、人前で表現することに自信がついたのと、目標を持って取り組めば必ず達成できるという貴重な経験ができました。

これからは、来年の受験に向かってがんばりたいと思います。