• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  行事

 なぜ選挙は必要なのでしょう。
 なぜ選挙は必要なのでしょう。
「太陽の党」わかばやし氏
「太陽の党」わかばやし氏
「キリン党」OK氏
「キリン党」OK氏
「バスケッ党」初谷氏
「バスケッ党」初谷氏
 投票します。
 投票します。
 名前を書いて投票箱へ。
 名前を書いて投票箱へ。
 開票します。
 開票します。
「バスケッ党」初谷氏が当選!
「バスケッ党」初谷氏が当選!
 皆さん選挙に行きましょう。
 皆さん選挙に行きましょう。

 

7月12日(金)1限目、多目的ホールにて、本校社会科教諭による「主権者教育・模擬選挙」を実施しました。

 

今回の模擬選挙は、選挙制度と投票方法を説明した後、架空の政党「太陽の党」「キリン党」「バスケッ党」からそれぞれ出馬した3人の立候補者(教師)が、公約について3分間演説し、その後、クラス代表者が投票するという“選挙体験”です。

 

この形式は、実際の政治情勢をあまり意識せず、学校生活の身近なテーマから「選挙とは何か」を理解させるもので、

 

太陽の党 :太陽の光を入れ明るい教室、明るい学校作り。

 

キリン党 :学校に薬局を設置し、保健室利用を減少させる。

 

バスケッ党:校舎内にコンビニを設置し、便利な学校生活作り。

 

以上の政策から、それぞれ1票を投じました。

 

 開票結果は「バスケッ党」が圧勝。「当選後も、本当に公約を守ってくれるかを見届けることが大切です。」と説明し、最後は生徒会長の大西さんから、7月21日の「参議院議員通常選挙」における呼びかけを行いました。

 

生徒の感想を、一部紹介します。

 

日本全体で考えると、政治に自分の意見が反映されるとは思えないが、今日のように学校という小規模で身近な例に置き換えるとわかりやすかった。やっぱり、一人の意見は大事だと実感した。

 

 自分にとって一番役に立つ政策を選びたいと思いました。ホームページなどをよく見て、誰がどんな考えを持っているのかよく調べてみたい。

 

投票案内状が届いた時、お母さんが「これで家族全員が有権者になった」と喜んでくれました。

 

家族の投票に付き添っていたので、投票所の雰囲気には慣れています。18歳になったのでお母さんから、「行った方がいいんじゃない?」と勧められ、今年は私も投票します。

 

私は、今の日本の政治に色々思うことがあるので投票します。

 

 

 

2年校外進路学習を行いました。 【行事】 2019-07-11 19:22 UP!

 10時30分に到着。
 10時30分に到着。
 入場前にガイダンスの心得を説明。
 入場前にガイダンスの心得を説明。
 会場内は広くて人がいっぱい!
 会場内は広くて人がいっぱい!
 企業ブースで職業観も学びました。
 企業ブースで職業観も学びました。
 他校の皆さんと一緒に聞いたり、
 他校の皆さんと一緒に聞いたり、
 じっくり質問もできました。
 じっくり質問もできました。
 14時に出発、15時30分に帰着。
 14時に出発、15時30分に帰着。

 

7月11日(木)、インテックス大阪(大阪市住之江区)にて行われた「進路のミカタLIVE」に、2年生全コースが参加しました。

 

これは、高校生の進路に求められているキャリア教育の視点を盛り込み、様々な企業や社会人、大学、専門学校を一堂に集めた進学イベント(株式会社マイナビ主催)です。

 

生徒たちは、事前に作成したワークシートをもとに、約3時間半かけて活動しました。

 

 

参加した生徒の感想を、一部ご紹介します。

 

イベントの規模が大きくて驚きました。行くまでは不安でしたが、会場に入ってみると、同年代の人たちが積極的に行動していたので、私も自然と活動できました。 

 

個別相談コーナーに、最初は行くつもりはなかったのですが、思い切って行ってみたら、様々な質問をすることができました。自分が行動すると変わると思いました。

 

各ブースで説明を聞くと、その学校の資料が入った紙袋をもらえるのですが、他校の生徒がたくさんの紙袋を持っているのを見て、自分も頑張っていっぱい回ろうと思いました。

 

学校ではいつも友達と一緒ですが、一人一人将来の夢が違うので、今日はバラバラに行動しました。

 

気になる疑問点をすべてわかりやすく答えてもらいました。高校卒業後は就職しようと考えていましたが、学びたいものが見つかり大学に行きたくなりました。

 

たくさんの学校を比較することができて、視野が広がりました。

 

アニメが好きで映像関係に興味があるのですが、作画の仕方など、自分の知らなかった情報を得ることができました。

 

大学と専門学校で迷っていましたが、今日はっきり決めることができました。

1年「防災講話」を実施しました。 【行事】 2019-07-11 11:47 UP!

 自衛隊の方による「防災講話」
 自衛隊の方による「防災講話」
 自分の命は自分で守る!
 自分の命は自分で守る!
 廊下に展示されたパネル
 廊下に展示されたパネル
 震災の救助活動の様子です
 震災の救助活動の様子です
 学習した後は教室へ
 学習した後は教室へ

 

7月9日(火)4限目、本校多目的ホールにおいて、1年生対象に防災講話を行いました。

 

この日は、自衛隊兵庫地方協力本部伊丹地域事務所長の立川友清様から、「災害時の自助と共助のために」というテーマでお話していただき、災害に対する適切な知識と行動が「生きる力」を育むということを学びました。

 

終了後は、廊下に展示されたパネル(東日本大震災・救助活動の様子)や防災グッズを見学しながら、各自教室へ戻りました。

 

 

受講後にまとめた生徒のレポートから、一部ご紹介します。

 

今日のお話を聞いて、自分の身は自分で守れるようにする「自助」、だれかと一緒に助け合ったり、家族や地域で身を守る行動をすること「共助」、災害が起きた時に国が支援物資を送ったりする行動「公助」、この3つの「助」で、守れる命・助かる命があるのだと思いました。

 

災害はいつ起こるかわからないので、自分の身を守る大切さや、考えて行動する大切さ、助け合う大切さがよくわかりました。自分も人を助けられる心を持ちたいと思いました。

 

中学生の頃までは大人に頼ったり、人の指示を聞いていたらいいと思っていたけれど、高校生になると「自助」が大切だと思いました。

 

人に助けられるのを待つだけではなく、自分で自分の命を守ることが大事なんだとわかりました。

 

自衛隊は、被害が大きい所から優先して助けに行くので、自分の所にいつ来るかはわからない。公助の力を頼りすぎてはいけない、最低3日間は自分で生きられるようにしなければならないという事がわかった。

 

人が生きていくために必要な水の量は1日2ℓで、3日間生き延びようと思ったら6ℓ必要で、私の家族が全員で3日間生きようと思ったら30ℓ必要なので、とてもびっくりしました。これからたくさん災害が起きた時、高校生として何ができるのかを考え、ボランティアに参加したいです。

 

私の家では3日間分の非常食がないのと、3日間分の水(30ℓ)がないので、家に帰ったら相談したいと思います。

 

ニュースなどで見ていると、行方不明者の捜索活動を自衛隊がしている時に、もうちょっと時間延長して探すことができないのかなと思っていましたが、それは間違った考えだということに気づきました。

 

 自衛隊の人たちは、被災地などで演奏したり、医療に携わったりと様々な分野で活動されているのを聞いて驚きました。身体を助けているだけでなく、心の面でも助ける活動をしているんだなと思いました。

 

近いうちに南海トラフ地震が起きる可能性が高いので、家族と離れたときの待ち合わせの場所、非常食の準備、いざとなった時に近所の人と助け合うことができるように、普段からのコミュニケーションが大切だとわかった。

 

私は大きな災害に遭ったことがありません。家族や友達と会えなくなることが本当に怖いです。だから、そうなった時のことを考えて自助・共助を忘れないように普段から行動したいです。

 

自分の家は海や山に近いわけでもないから、津波や河川の氾濫、火山の噴火などの災害は全く関係ないと思っていましたが、どこでどんなことが起こるかわからないということがわかりました。

 「大阪四季劇場」
 「大阪四季劇場」
 幕が上がるとそこは海底の世界!
 幕が上がるとそこは海底の世界!
 ミュージカルっておもしろい!
 ミュージカルっておもしろい!
 感動してグッズを購入する生徒も。
 感動してグッズを購入する生徒も。
 観劇マナーを守って楽しめました。
 観劇マナーを守って楽しめました。
 劇場のエントランスはとても綺麗。
 劇場のエントランスはとても綺麗。

 

6月26日、大阪四季劇場にて、3年生が劇団四季『リトルマーメイド』を観劇しました。本校生が芸術鑑賞として同劇場を訪れるのは、昨年の『ソング&ダンス』に続き、今回で2回目となります。

 

当日は、現地集合および現地解散でしたが、保護者の皆さまのご協力もいただき、無事終えることができました。ありがとうございました。

 

この日を楽しみにしていた生徒たち。幕が上がると、たちまち海底の世界に引き込まれました。観劇中は終始、予想外の仕掛けに驚いたり、舞台技術の見事な演出に、自然と拍手がわき起こる様子が見られました。

 

終演後の感想をご紹介します。

 

舞台がリアルすぎて、本当に人魚の世界にいるようでした。

日本の舞台芸術・舞台技術がとても優れていることを実感しました。

 

初めてミュージカルを観ました。

舞台装置がすごくて、歌も上手なので何の違和感なく世界観に浸ることができました。

 

ずっと主人公のアリエルの気持ちに入り込んで観ていました。

最後まであきらめずに人生を切り開いていくアリエルに、勇気をもらいました。

 

舞台の後ろの方や隅っこの目立たない役でも、一人一人が、本物の魚や海草になりきって演技している意識の高さに感動しました。

俳優という仕事は、トレーニングや細かな観察や研究を日ごろから積み重ねていかないと出来ないんだなと思いました。

 

最初、人間不信だったパパが、アリエルの心にだんだんと歩み寄っていくシーンが印象的でした。家族・親子の愛情の深さに感動しました。

本日は「阪神大水害の日」 【行事】 2019-07-05 10:54 UP!

 殉難者に追悼の意を表す学園関係者
 殉難者に追悼の意を表す学園関係者
 高校からは学校長が黙祷を捧げました。
 高校からは学校長が黙祷を捧げました。

 

 今年で100周年を迎えた湊川相野学園は、大正8年、神戸市湊川のほとりで、裁縫塾を開設したことから始まりました。その後、神戸市灘区福住通りに移転し、湊川高等実業女学校として、県下でも屈指の家庭科教員養成学校に発展していきました。

 

昭和13年(1938年)7月5日、数日来降り続く雨の後、突如として発生した山津波によって、わが学園の校舎も被災し、8名の生徒と2名の教師が殉難する悲しい出来事がありました。

 

翌年、移転先の高尾通りに「頌徳碑」(追悼慰霊碑)が建てられましたが、のちに校舎が三田に移転したため、「頌徳碑」はその場所(現在の神戸大学の寮内)に長くありました。

 

時が経ち、学園創立90周年をきっかけに、「悲劇を風化させないように」と現在の三田キャンパスに移設されました。(湊川学園ニュースNo.20より)

 

このような学園の歴史を踏まえ、毎年、7月5日は「阪神大水害の日」として、理事長、学校長をはじめ学園関係者が「頌徳碑」に黙祷を捧げ、追悼の意を表しています。 

 

   

参考:湊川相野学園「学園のあゆみ」 

    http://www.minatogawa.ac.jp/college/history.html

 

  

         

 

 

 

 ペドロさんのお別れ会
 ペドロさんのお別れ会
 「日本のこと絶対に忘れない」
 「日本のこと絶対に忘れない」
 クラスからプレゼント
 クラスからプレゼント
「ブラジルでも元気でね!」
「ブラジルでも元気でね!」
 書道にもチャレンジ
 書道にもチャレンジ
 お茶会にも参加
 お茶会にも参加
 アーチェリーの腕前は抜群!
 アーチェリーの腕前は抜群!
 ペドロ先生の英語教室
 ペドロ先生の英語教室
 2年8組のみんなと一緒に
 2年8組のみんなと一緒に

 

「国際ロータリー第2680地区青少年交換留学生」ペドロ・アポリナリオさんが、およそ1年間の留学期間を終え、帰国に際し、本日1限目にお別れの会が行われました。

滞在期間中、学習した日本語でお別れのあいさつを述べた後、学校長より記念品が贈られました。

 

ペドロさんはブラジル・サンパウロ市から2018年8月に来日し、本校で日本語の勉強、茶道や書道などの日本文化を体験。2年8組特進コースに在籍し、授業や学校行事にも参加。放課後はクラスで勉強会を開き、遅くまで得意科目の英語・数学などを教えてくれることもありました。また、アーチェリー部に所属し、多くの仲間と楽しく活発に学校生活を送りました。

 

続いて行われた2年生の学年集会では、クラスから寄せ書きの色紙と扇子、調理部から手作りパウンドケーキとクッキーが贈られました。

 

ペドロさん:

 

日本での思い出はたくさんあります。とくに2年生の中でたくさん友達ができ、いつも新しいことを教えてくれて楽しかったです。本当に感謝しています。ブラジルと日本では違うところもありますが、ブラジルの友達と同じように日本の友達も好きです。日本人は、相手をリスペクトするパーソナリティーが素晴らしいと思いました。

私はブラジルに帰ったら、大学に入るために勉強します。将来は学校の先生か、アクターか、物理学者になりたい。みんなも勉強をがんばってください。

 

2年8組委員長・金子さん:

 

ブラジルは自分にとって知らない国でしたが、ペドロが来てくれたおかげで、ブラジルだけでなくそれ以外の国の情勢にも関心を持つようになりました。ペドロとは勉強を教え合ったり、アーチェリー部で練習したり、京都に遊びに行ったり、たくさん思い出があります。地球の反対側で夢に向かって頑張っているペドロに負けないよう、僕たちも大学目指して頑張ります。

 

なお、本校からブラジルに留学している派遣生も、7月に帰国する予定です。

 

 ※「交換留学」につきましては公式HPをご参照ください。

  http://www.sandashosei.net./life/ryugaku.html

 

 

松聖祭〈体育の部〉「十人十色」その3 【行事】 2019-06-20 15:22 UP!

 注目のプログラム
 注目のプログラム
 S選抜クラス「合同演技」
 S選抜クラス「合同演技」
 真っ白なTシャツが凜々しい
 真っ白なTシャツが凜々しい
 綱引きは2年生優勝
 綱引きは2年生優勝
 「熱盛りィ!」応援も全力
 「熱盛りィ!」応援も全力
 女子学年対抗リレー
 女子学年対抗リレー
 男子学年対抗リレー
 男子学年対抗リレー
 松聖祭もあっという間
 松聖祭もあっという間
 総合優勝は3年7組!
 総合優勝は3年7組!

 

松聖祭〈体育の部〉の様子(続き)を、一部ご紹介します。

 

見どころの一つ、「S選抜クラス合同演技」。全体指揮者の号令に従って、一糸乱れぬ演技を披露。緊張感が漂う中にも、コマ送りや写真撮影の隊形などユーモラスな演技を交え、会場全体を湧かせました。

 

また、プログラム最後となる「学年対抗リレー」では、女子3チーム(1,2、3年)、男子6チーム(1,2,3,1S,2S,3S)が出場し、女子は2年生、男子は3年生Sクラスが優勝しました。

 

閉会式の表彰式では、Sクラス優勝:3年1組、総合優勝:3年7組がそれぞれ発表され、高校生活最後となる松聖祭に有終の美を飾りました。

 

松聖祭を終えた生徒会長の大西さん(3年)のコメントです。

  

とにかく、今日無事に終わってホッとしました。〈文化の部〉では準備や進行がうまくいかなかった場面もあり、〈体育の部〉も多少不安な気持ちがありましたが、皆さんが盛り上げてくれたおかげで、とても思い出に残る、充実した行事になりました。

 

今回の生徒の皆さんの活躍は、まさにテーマの「十人十色」~それぞれの個性を生かそう~にふさわしい内容になったと感じています。この成果は、生徒会としても、また個人的にも、これからの自信につながりました。皆さんも同じ思いであれば嬉しいです。

 

僕たち3年生は、受験が目前に迫っています。辛いことがたくさん待っていますが、この経験を生かして、失敗を恐れずに、ゴールに向かって頑張ります。皆さん、本当にありがとうございました。これからも、三田松聖をよろしくお願いします。 

 

 

 

 

 

 

松聖祭〈体育の部〉「十人十色」その2 【行事】 2019-06-20 09:57 UP!

 女子バスケットボール部
 女子バスケットボール部
 女子バレーボール部
 女子バレーボール部
 男子バスケットボール部
 男子バスケットボール部
 硬式野球部
 硬式野球部
 サッカー部
 サッカー部
 陸上競技部
 陸上競技部
 16の運動部がそろいました
 16の運動部がそろいました
 女子、陸上競技部リベンジ優勝!
 女子、陸上競技部リベンジ優勝!
 男子は野球部が4連覇!
 男子は野球部が4連覇!

 

松聖祭〈体育の部〉の様子(続)を、一部ご紹介します。

 

今回、初めてのプログラム「運動部行進」では、16の運動部がそれぞれのユニフォームを身に付け、紹介のアナウンスが流れる中、堂々と行進し、大きな拍手を浴びました。

 

その後は、恒例の運動部対抗リレーが行われ、女子は陸上競技部が、昨年優勝したバスケットボール部を抑えて優勝。男子は硬式野球部が、見事4連覇を達成しました。

 

今後の運動部の活躍に、どうかご声援よろしくお願いいたします。

 

なお、部活動の紹介につきましては、

 

公式ホームページ:http://www.sandashosei.net/life/club.html

 

および「部活動レポート」をご参照ください。また、「部活動ニュース」も随時更新しています。

松聖祭〈体育の部〉「十人十色」その1 【行事】 2019-06-18 19:54 UP!

 ダンス部のバトンで入場
 ダンス部のバトンで入場
 全クラスがそろいました
 全クラスがそろいました
 女子4×100m
 女子4×100m
 男子スウェーデンリレー
 男子スウェーデンリレー
 保護者の皆さま、
 ご協力ありがとうございました
 保護者の皆さま、
 ご協力ありがとうございました
 浴衣姿で「踊りの集い」
 浴衣姿で「踊りの集い」
 迫力!男子棒引き
 迫力!男子棒引き
 盛り上がってます!
 盛り上がってます!

 

本日、本校の総合グラウンドにて、松聖祭〈体育の部〉が行われました。梅雨入り前の蒸し暑い中、時折、清々しい風が吹き抜ける好天に恵まれ、入場行進を皮切りに競技が順調に進行していきました。

 

平日にもかかわらず、たくさんの保護者の皆様および関係者の皆様にお越しいただきましたことを、心より感謝申し上げます。

 

では、プログラムの一部をご紹介いたします。

 

 

 

「浴衣の着付け講習会」を開きました 【行事】 2019-06-17 17:47 UP!

 「浴衣の着付け講習会」
 「浴衣の着付け講習会」
 まずは準備物チェックから
 まずは準備物チェックから
 モデルの生徒を着付けして
 モデルの生徒を着付けして
 さあ、自分でチャレンジ!
 さあ、自分でチャレンジ!
友達の帯をお手伝い
友達の帯をお手伝い
 一本帯は至難のわざ
 一本帯は至難のわざ
 かわいい仕上がり!
 かわいい仕上がり!
 たたみ方までバッチリ
 たたみ方までバッチリ

 

本日3・4限目、全校女子生徒を対象に、本校の家庭科教諭による「浴衣の着付け講習会」を開きました。この行事は、松聖祭〈体育の部〉の「踊りの集い」で浴衣を着て演技するため、毎年、事前学習として行われています。

ご家庭でも、いつも浴衣の準備や着付けの練習などご協力いただき、ありがとうございます。

では、初めて着付けした生徒の感想を一部ご紹介します。

 

初めて浴衣を着るので買ってもらいました。明日うまく着られるか心配ですが頑張ります。

 

お端折りまではできましたが、帯が難しかったです。

 

おばあちゃんに着せてもらうのと違って、仕上がりが不格好になり納得がいきませんでした。

 

自分でできるようになって、花火大会や地元のお祭りに行きたいです。

 

明日になったら忘れていそうです。友達に助けてもらおうと思います。

 

 以上です。

 

保護者の皆さま、明日の「踊りの集い」にどうぞご注目ください。