「学年別体育大会」を行いました 【行事】 2020-09-16 17:13 UP!

 
 
 
 
 
 
 
 
 競技役員のみなさん、お疲れさま。
 競技役員のみなさん、お疲れさま。
 3日間、無事終了しました。
 3日間、無事終了しました。

 

9月13・14・15日、本校総合グラウンドにて「学年別体育大会」を行いました。この行事は、「松聖祭」の代替行事として、伸び伸びと健やかな心身を養うと同時に、思い出深い一日となることを願って生徒会が企画しました。

 

▷プログラム

 

開会式

①体操

②4×200mリレー

③混合リレー

④ぐるぐるバットと借り物競走

⑤玉入れ

⑥つなひき

☆踊りの集い

⑦ボール運び

⑧4×100mリレー

⑨スウェーデンリレー

閉会式 

 

▷学年優勝 

 

 1年5組

 2年4組

 3年5組  

 

以上の結果となりました。

 

コロナ禍である現状を鑑み、学年別、プログラム縮小などの対策を取った上で、午前中で終了。とくに「綱引き」では、参加人数を抑え、ソーシャルディスタンスを確保しながらの実施でしたが、選手・応援団ともに力戦奮闘し、例年と変わらないほどの熱気が満ちあふれました。

 

また、「踊りの集い」では、さわやかな秋晴れのもと、自分たちで着付けした色とりどりの美しい浴衣が映え、日常を忘れ心癒やされるひと時となりました。

 

保護者の皆さまにご来場いただけなかったことは本当に残念ですが、当日までの準備など様々なサポートをしていただき、本当にありがとうございました。 

 

ボールにピントを合わせてスタート
ボールにピントを合わせてスタート
 心のエネルギーをUP!
 心のエネルギーをUP!
 先生の見本通りにやってみよう。
 先生の見本通りにやってみよう。
 ボール2個回し。
 ボール2個回し。
 今度は片手で。
 今度は片手で。
 日常のレベルを上げたら「氣」の高さが変わる。
 日常のレベルを上げたら「氣」の高さが変わる。

9月11日(金)⑤⑥限目、記念体育館にて、2年【進学アスリートコース】第6回「体育演習」が行われました。

 

今回は、「パフォーマンスを高めるためには・感覚と運動を意識する」。

成功しても失敗しても、すぐ次の成功に向けて取り組む。そして最後まで集中を切らさないこと。さあ、「氣」(集中度)を高めよう! 

 

 

 

松聖庵だより〈葉月・はづき〉 【松聖庵だより】 2020-09-09 09:54 UP!

 「瀧」
 「瀧」
 紅葉葵(別名:紅蜀葵)
 紅葉葵(別名:紅蜀葵)
 「玉すだれ」(開進堂製)
 「玉すだれ」(開進堂製)
 「涼一味」
 「涼一味」
金水引、桜タデ、シマアシ、宗旦ムクゲ、桔梗
金水引、桜タデ、シマアシ、宗旦ムクゲ、桔梗
 「こぼれ萩」(開進堂製)
 「こぼれ萩」(開進堂製)
 金平糖を取り回していくと「おたふくさん」が表れます。亭主の遊び心がうかがえます。
 金平糖を取り回していくと「おたふくさん」が表れます。亭主の遊び心がうかがえます。

8月は、例年、松聖庵にて開催されていた「八朔茶会」が中止となり、閑かな夏でした。

 また、ひたすら「涼」を求める日々でもありました。

 

カウンセラーだより〈9月号〉 【連絡事項】 2020-09-07 15:11 UP!

 

 

レジリエンス 折れない心4☆

 

前回は「思考のワナ」について紹介しました。

「ピンチの時ほど勘違いしがち」といわれます。

自分はどのワナにはまりやすいか、チェックできましたか?

 

さて、今回は「心の底に眠る、強い思い込み」、あなたを突き動かす「信念」について考えます。

 

私たちの思考は、

①表層思考(自分でも意識しやすい)

根底思考(意識できない)

 

の二つに大別できます。

根底思考は「氷山思考」とも言われますが、意識下で自分の価値観を形成しており、プラスにもマイナスにも働きます。

例えば「人には親切に」「努力は報われる」という信念は、プラスに働きがちですが、この信念が凝り固まって、「人も自分に親切にするべきだ!」「努力しないのは人間失格だ」などという思いに駆られると、日常生活でネガティブな感情が生じやすく、怒りや不安がいっぱいの毎日をおくることになります。

 

「氷山思考」は幼少期の経験から培われ、形成され、誰もがもっているとされる非常に強固なものです。自分にはどんな強固な「信念」があるか考えてみましょう! 

 

 

※日本ポジイェィブ心理学協会

 「折れない心の作り方」参照

9月行事予定 【行事予定】 2020-09-07 10:50 UP!

  2日 1年内科検診

14日 1年体育大会 

    2年進路ガイダンス

15日 2年体育大会  

16日 3年体育大会 

 

※体育大会につきましては無観客での実施となります。(8/25にプリントにてお知らせしています)

 

 

10月の主な予定

 

12日 中間考査

13日  〃

14日  〃

15日  〃

16日 就職試験解禁日  

9月7日(2) 【連絡事項】 2020-09-07 09:04 UP!

午前9時現在、兵庫県阪神地域に暴風警報が発令されていますので、本日は臨時休校となります。

9月7日 【連絡事項】 2020-09-07 06:01 UP!

午前6時現在、兵庫県阪神に暴風警報が発表されています。

午前9時まで、自宅待機してください。

「図書だより」8・9月号を発行しました 【図書だより】 2020-08-05 15:11 UP!

 
 

ようやく梅雨が明けて、夏本番です。

今年は夏休みは短いため、有効に使いたいですね。

 

8月は、海や祭のテーマ、また、冷たいデザートの本などを紹介中です。

9月は、「未来を考える」をテーマとして、本を展示する予定です。

進路や将来について、具体的に考えどのように行動すべきか、ヒントを見つけてくださいね。

 

※「図書だより」は関連資料(PDF)にてご覧いただけます。

 

※「図書室案内」につきましては、HPをご覧ください。

   http://www.sandashosei.net/profile/library.html

 

 

 

 

 

 

 

 
 

3年生のみなさん・保護者のみなさまへ

 

湊川短期大学オープンキャンパス開催のお知らせです。

 

令和2年8月2日・23日(日)

 

受付  9:30~

 

開始 10:30~

 

  

体験授業の内容はこちら

 

  https://www.minatogawa.ac.jp/campus/oc.html

 

 

 

カウンセラーだより〈8月号〉 【連絡事項】 2020-07-30 14:35 UP!

 

 

レジリエンス 折れない心 3

 

 

前回紹介した「思考のワナ」には、他に、問題が起こると何でもかんでも「私のせいだ」と考える「個人化」や反対に、「周囲のせいだ」と他人や環境に責任を求めがちになる「外面化」があります。

今回は「マインド・リーディング」と「感情の理由付け」について紹介します。

 

先ず、「マインド・リーディング」とは、「あの人はわかっているはずだ」「あの人はこう考えているはずだ」など、「自分の思い込み」であることに気づかず、他人の考えを推測して理解しようとすることです。

 

このワナに対しては、相手の言動が本当に自分に対して否定的なものだったのかどうかを「相手はどんなふうに行動したか?」「相手に自分の考えは伝えてあるか?」と振り返り、自分の解釈を検証してみることが有効です。

 

次に「感情の理由付け」とは、人はその時々の自分の感情(ポジティブ、ネガティブ)に結びつけて出来事を解釈する傾向があり、「現実的に正しく判断できないこと」があります。

そのため、誤解や行き違いが起こりやすく、当惑や混乱、落胆が生じやすくなります。

 

そこで、「自分の感情と事実は一致しているか?」「事実を知るために相手にすべき質問は何か?」と問いかけ、「事実」「思考」「感情」を分けて考えるトレーニングが必要です。

 

※日本ポジティブ心理学協会

  『折れない心の作り方』参照