掛け物は「春来草自生」
掛け物は「春来草自生」
花は「紅梅」と「本阿弥椿」
花は「紅梅」と「本阿弥椿」
水屋で準備。お菓子は「下萌え」(開進堂)
水屋で準備。お菓子は「下萌え」(開進堂)
正客が入席しお茶会開始
正客が入席しお茶会開始
放課後もお稽古しました
放課後もお稽古しました
一服のお茶に感謝を込めて。
一服のお茶に感謝を込めて。
次客から説明を受ける先生
次客から説明を受ける先生
このクラスで最後のお茶
このクラスで最後のお茶
「最高のおもてなしをありがとう」
「最高のおもてなしをありがとう」

 

令和2年2月13日(木)、1年生が「総合的な学習の時間」にて、クラス茶会である「如月茶会」を行いました。

 

この茶会は、クラスの生徒が担任を正客として招き、1年間の集大成を発表するものです。

 

写真は1年4組の様子です。

クラス代表者から感謝の言葉を贈られた担任の先生は、

「本日はお招きいただきありがとうございます。お茶もお菓子もおいしくいただきました。それぞれの役割ごとに必死で頑張っていた姿が印象に残り、とてもすばらしいお茶会になったと思います。」とクラスのみんなを労いました。

 

最後に茶道の先生から、

「授業で学んだ “お茶の心” という種を、今度は自分で育ていき、素敵な大人になってくれることを願っています。」というお言葉をいただき、授業が締めくくられました。

 

生徒の感想です:

 

入学当初は正座に耐えるのが大変でした。作法の順番や「言葉の唱和」が難しく、テストも苦労しましたが、1年間学んで正しい礼儀や人を思いやる心が身についたと思います。茶道の歴史が意外と面白く、興味を持って取り組めました。今日のお茶会は、練習通りにいかなかった所がありましたが、雰囲気をこわさないようみんなで協力できたと思います。

 

お茶会の間、担任の先生がずっと笑顔だったので、僕たちも嬉しかったです。お世話になった感謝の気持ちを、このような形で伝えることができて良かったです。